ダイバーシティ

ナショナルスタッフによる
マネジメント体制のさらなる充実

ポリプラスチックスでは、多様な属性(性別、国、年齢など)を超えて魅力的に自己を実現できる職場環境づくりの一環として、海外グループ会社の自律とナショナルスタッフによるマネジメント体制の構築に取り組んできました。
既に海外グループ会社のトップマネジメントとして活躍しているナショナルスタッフは存在しますが、彼らに加えて、今年度も海外現地法人の社長がナショナルスタッフから誕生しました。マネジメントの現地化を促進することは、現地で働く従業員のニーズにきめ細かく応えていくことや、国ごとに異なる外部環境を深く理解した事業運営を可能にし、結果としてナショナルスタッフのさらなる活躍の場が増えることに繋がると考えています。

COMMENT

PTM Engineering Plastics
(Nantong) Co., Ltd.
Polyplastics (Nantong) Ltd.
総経理
Walter Dong

海外現地法人で社長に就任したナショナルスタッフ

2003年4月にPTMの南通工場建設時の最初の従業員としてPTMのメンバーの一員となり、これまで人事総務部、ESH(環境・安全・衛生)部ならびに工場長、副社長を経て、この度PTMの社長に就任できたことを大変光栄に思います。中国では近年、政府が化学工場を念頭に置いて安全性の向上、環境保護、省エネに関するさまざまな法律を制定しました。このような環境の中で工場の安定的な稼働を維持していくためには、会社だけでなく従業員全体が会社を取り巻く環境の変化に敏感に対応していく必要があります。従業員と会社が共に成長していくために、私自身が従業員の良い模範となり、お互いを信頼し生産性の高いチームを作り上げていくことが、私の役割だと考えています。

多様な人財の活躍に向けた評価制度や取り組み

グループ新任幹部職研修

新たに幹部職になった従業員に対して、互いの多様性を理解・尊重してグローバルに活躍するためのスキル獲得と人的ネットワーク構築を後押しする目的で、全グループ共通のプログラムによる研修を実施しています。

LIFOを用いたマネジメント研修

台湾で、各人の強みとスタイルに焦点を当てるLIFOという手法を用いたマネジメント研修を管理職に対して実施しました。この効果もあり2020年度の従業員意識調査では従業員満足度が27.3%向上しました。

※ Life Orientationsの略